投稿

H30年度 ロボットプログラミング講座終了

イメージ
3/16に今年度最後の講座が終了し、H30年度の講座がすべて終了しました。

今年は2地域での体験講座から始まり、5月からの入門講座、9月の交流会、10月からの入門講座、1月のサッカー大会、3月まで改造講座を行いました。

最終回の今日は通常のサッカーの2倍のフィールドでのサッカー。
すごく楽しそうにやっていました。やはり大きいフィールドは4対4や5対5ができてすごく楽しい。

一方私は動かないロボット抱えた子たちの相手でてんてこまいでした。

最後ということでアンケートもとりました。できる限り子供たちが自由にやれるようにということを第一にやっているのが子どもたちも分かってくれているようで、「しあいなど、たのしいことやまなんだことがいっぱいあった」、「意欲、関心がふえた」「好きなように改造できたのが良かった」というコメントをもらいました。

先輩が後輩たちを手助けするようにもなってくれました。この調子で来年度も頑張っていきたいと思います。

H30年度3月までの講座について

1月のノード大会後の講座は以下の日程で行っております。

日程: 1/26,  2/9, 3/2, 3/16 すべて土曜日
時間: 10:00~16:00
場所: 郡上八幡青少年センター(小野公民館)
内容: 入門講座受講済みの生徒たちのロボット改造、サッカー

3月2日(土)はロボットクラブ共催イベントとして、ロボ・トライアスロンを行いました。 

今後も月1~2回引き続き講座を開催していく予定です。
5月からは入門講座も始まる予定でそちらは4月から参加募集を始めます。

4月からのロボット講座日程は以下を予定しています。

4/13, 5/11, 5/25, 6/1, 6/15, 6/29, 7/13 (仮)
入門講座は5/25から始まります。

岐阜ブロック大会2019

イメージ
2月10日(日)大垣ソフトピアジャパンセンターで、「ロボカップジュニア岐阜ブロック大会」が開催されました。

19歳以下が自律式ロボットの製作やプログラミングの技術を競う大会です。県内各地から58チーム約120人が出場しました。

郡上ロボットクラブからも、サッカー ライトウェイトリーグ4チーム、ビギナーズリーグ4チームの計8チーム16名が参加しました。

ロボットクラブの意味

イメージ
ロボットクラブをやっているのは、使命感とか、世の中のためとかではなく、自分がいろんなものを作るのが楽しいから。ロボットクラブに入ってくる子たちも、論理的思考とか、AI時代とか、将来のためとか難しいこと言わなくていいから、楽しそうと思えばやればいいし、好きでなければやらなくていいと思うんだ。

好きなのにできないことは悲しいことだし、好きでもないことをやらされることも悲しい。でも好きなことをできるってことはとっても幸せなことだと思うし、楽しいことだよね。

ロボットクラブは好きな子がやれる場を提供することができたらいいなと思っているから、みんなで足並みそろえて次にやることを教えたりしない。教えてもらえないから自分でやることを決める。そしてやってみる。当然初めてのことは失敗する。失敗するから気づきがあって次は成功する。この繰り返し。

進みが遅い子も早い子もいるけど、それも当然。焦る必要はない。確実に前に進んでる。失敗が多い子ほど目には見えないけど前に進んでいる。できなかったことができるようになってる。始めから効果とか結果を求めるのは間違ってる。数時間とか数日間で得られる結果なんてたかが知れてる。

そうやって学んだことは、将来やりたいことが見つかったときに、それを自分で実現する能力があるかどうかという差で出てくるわけだから、すぐにわかるはずがない。だから周りの評価なんか気にせず好きなことを好きなだけやればいいと思うんだ。ロボットクラブはそんな子たちを応援してる。

ロボカップジュニア2019 郡上ノード大会

イメージ
1月5日(土)郡上市総合文化センターにて、ロボカップジュニア2019 郡上ノード大会が開催され主に郡上市内の小中学生27名が参加し、白熱した試合を繰り広げました。

H30後期 ロボットプログラミング講座 第4回、第5回

イメージ
12月8日に第4回、12月22日に第5回の講座が開催されました。

入門講座の5名もサッカーができるようになり、みんなで試合をしたりして楽しみました。そして、今回の生徒たちは5回目の終了を待たずにボディの改造を始めました。

ロボットクラブの活動は自分がやりたいことをやる方針。机に向かって教えてもらうことは最低限にしています。まずは実践、それから学ぶ。


H30後期 ロボットプログラミング講座 第3回

イメージ
11月10日(土)八幡青少年センターにてロボットプログラミング講座の第3回が開催されました。

午前の経験者講座では注文した改造パーツを受け取り、各々改造に取り組みました。

 電池ボックスや、センサーを取り付けたり、モーターを交換したり、タミヤの工作キットを組み立てたり。難しい改造部品を取り付けるためはんだ付けに取り組む子もいました。