投稿

入門講座の参加者募集中です。

イメージ
  5月から始まる新規入門講座の募集を開始しました。郡上市内の小学4年生以上は学校からチラシももらって帰ってくると思います。 お申し込みはチラシ裏面に案内がありますので、そちらからどうぞ~。 チラシは文化センター1Fにもおいてあります。 4/24、または5/8は見学も可能ですよ~。 この講座は市民アイデア講座を利用させてもらっています。今、文化センターに掲示がでています。23日の金曜日まで掲示されると思うので、もし市役所に用事のある方はぜひ文化センター1Fにも寄ってみてください。 今年は写真いっぱいを張り出してみました。 また、岐阜ブロック大会参加者のプレゼンポスターも掲示に張り出してあるのでぜひ一度ご覧ください。

令和3年度活動を開始します。

イメージ
  4月になりました。 郡上ロボットクラブは今年度も元気に活動していきます。 まずはロボット調整会が予定されています。 4/10, 4/24, 5/8 13:00~16:00 その後は、入門講座と改造講座が並行して開催されます。 5/22, 5/29, 6/12, 6/26, 7/10 13:00~16:00 それ以降も月に2回程度ずつ開催していく予定です。 詳しくは 活動紹介 もご覧ください。 今年度もよろしくお願いします!

令和3年2月以降の活動について

イメージ
 ロボットクラブの今後の予定について公開します。 ロボットプログラミング改造講座 2/13, 2/27, 3/13 (土曜日) 13:00~16:00 八幡青少年センターにて 令和3年度 ロボットプログラミング入門講座、および改造講座(予定) 5/22, 5/29, 6/12, 6/26, 7/10 (土曜日) 13:00~16:00 八幡青少年センターにて 上記以外の土曜日に、経験者向けのロボットクラブの活動をすることもあります。 興味のある方は見学も受け付けております。 活動内容、日時の質問の他、見学、体験のご希望の方は、お気軽にお問い合せ下さい。 ---------------------------------     お問い合せフォーム ---------------------------------

令和2年度 ロボカップジュニア 郡上ノード大会

イメージ
 令和2年、12月26日(土)ロボカップジュニア 郡上ノード大会が開催されました。 この大会は、郡上ロボットクラブの1年間の活動の成果発表の場として開催されたものです。 クラブに参加する子供たちが身につけた技術力、コミュニケーション力、プレゼンテーション力が試されます。また、上位大会である岐阜ブロックへの選抜を行うためのイベントでもあります。 今回はコロナウィルス感染拡大のため中止も検討しましたが、対策を行ったうえで、限られたメンバーで出来ることをやるという条件付きで開催されました。 午前中は、上級者による、トップリーグとして、4チームによるリーグ戦により勝敗を競い合う競技が、午後は、ミドルリーグ及び、ビギナーズリーグのトーナメント戦による競技が行われました。 トップリーグは2年以上の経験者による戦いとなりました。 ミドルリーグはオムニホールを使い始めたロボットと2輪のロボットが混在した試合となりました。 ビギナーズリーグはまだ始めたばかりで改造もほぼないキットでいかに良い動きをできるかのプログラミングでの勝負を競い合う試合でした。 結果として各リーグで非常に白熱した勝負が繰り広げられました。しかし、ロボカップジュニアで目指すものは勝敗よりも、そこで「どれだけのことを学んだか」が重要とされています。負けてしまったとしても差はほとんどない場合が多いです。次に生かして改良に取り組んでもらえたらと思います。 トップリーグ   優勝チーム  ハリネズミ ミドルリーグ   優勝チーム  スピードシューター          準優勝チーム RAIZO ビギナーズリーグ 優勝チーム  S.H

ロボットプログラミング入門講座 第5回

イメージ
 12/19(土) 13時~16時 郡上八幡青少年センターにて、ロボットプログラミング入門講座の第5回(入門講座の最終回)が行われました。 今回は、ロボットのちょっと複雑なモーター、ギヤボックス、センサーなどの仕組みについて説明をしたあと、次週行われるサッカー大会の準備として、プログラムの調整、練習試合を行いました。 入門講座のみんなもサッカーができるようになりました。あとはどれだけ工夫ができるか、です。渡したテキストの通りのプログラムではまだまだ弱い。どう改良すると強くなるか、考えてみましょう。 これで一通りの入門講座としての内容は終わりです。 これ以降は自分の思い思いの方法でロボットを改造していく経験者チームに合流して活動することになります。ぜひ、継続してさらに良いロボットを作っていってくれたらと思います。

ロボットプログラミング入門講座 第4回

イメージ
 12月5日(土)ロボットプログラミング講座 第4回 場所: 郡上八幡青少年センター 今日の入門講座ではサッカーの試合を何度もやってみました。 思うように動かない・・・(汗 どうやれば、ゴールできるんだろう? まだ時間はありますから、しっかり考えて試行錯誤してみて欲しいと思います。 そしてもくもくとロボットの改造をする経験者たち。 ほとんど初心者にかかりっきりで、何もできていませんが、しっかり自分たちで考えて進めている様子。 この調子で頑張ってください!

モータードライバーについて

イメージ
TJ3Bではモーターは二つまでしか接続することができません。 センサーのポートは10ポートありますが、モーターのポート(端子)は2つです。 端子自体は4つありますが、モーターを逆方向にまわすためのポートがそれぞれ1つずつ用意されているだけで、別々に動かせるモーターの数は2つです。 なので、ドリブラーなどで三つ目のモーターを動かしたいときにはそのための部品の追加が必要になります。モーターを動かすための装置「モータードライバー」といいます。 この装置はマイコンからの信号を使って、モーターをON/OFFさせることができます。 マイコンの信号はプログラムで出力させることができます。 つまり、プログラムの出力をつかって、モーターをON/OFFさせることができるようになります。TJ3Bのセンサーモニターで9番、10番のところを押すと、LEDがついたり、消えたりしますが、これがモーターでできるようになります。 モータードライバー(片方向) 一番簡単な片方向のモータードライバーから紹介します。 amazonでは、「MOSFET」などと検索すると出てきます。 MOSFET(モスフェットと読みます)というのが素子の名前で、トランジスタの高性能版のようなものです。 マイコンの信号をうけて、スイッチをON/OFFできる機能があります。 つなぎ方は以下の通りです。 VINとGNDと書かれたところにモーターを回すための電源をつなぎます。 必ずVINにプラスをつなぎます。 V+とV-のところにモーターをつなぎます。 方向はどちらでも壊れたりはしませんからまずはためしに適当につないで大丈夫。 TJ3BのセンサーポートCN9かCN10にケーブルをつなぎます。 センサーポートからの3線コネクタをモータードライバーのGND/VCC/SIGという端子につなぎます。GNDの位置がTJ3BのGNDの端子と合う向きに挿しましょう。 センサーモニターを立ち上げて、CN9かCN10のLEDのボタンをおせば、TJ3B本体のLEDが光ると同時にモーターが回ります。 CN9、CN10以外を使いたい場合は、セットアップでセンサーポートをOutput(L)に設定して、その設定でプログラムをTJ3Bにダウンロード(※これをしないと、センサモニターでみてOutputに変わりません)すれば、同じように使えるようになります。 値段も