投稿

白鳥小学校4年生のプログラミング授業に行ってきました

イメージ
 11月9日(火)白鳥小学校にて、プログラミング体験の授業「プログラミングって何だろう?」を実施しました。 今回は4年生の2クラスが対象です。それぞれ2時間ずつを使って授業を行いました。 4年生というのは意図があって、プログラミング、特に「Scratch」(※1)というツールは4年生ぐらいから十分に活用できるものなので、5年生、6年生でも、もちろん良いのですが、早くから知っておくことで、家やその他で触ることのできる期間が長くなり、可能性が広がることもたちが出てくることが期待できる、という狙いからです。 Scratchは直感的にプログラミングできるツールとして非常に優れており、世界中の子どもたちがプログラムを作成し、公開しあって刺激を受けあうコミュニティが出来上がっています。できればそういう中に入っていける子が一人でも出たら素晴らしいと思っています。 (※1)ScratchはMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発されたプログラミングツールです。ブロックをつなげていくだけでプログラミングすることができ、とても理解がしやすく、すぐ使えようになります。 内容としては、以下のような感じです。 最初は資料を見ながら、問いかけを交えて進めます。 プログラムって何? どこにあるの? ロボットって何? プログラムの中身は? 試しにやってみよう プログラミングで動くものに触ってみよう 「えーっ?」とか「なるほど!」みたいな反応を大事にして進めています。 ここまでで、プログラムというものの意味が分かってきたらいよいよ実際にタブレットを使います。 今年からみなさん、1台のiPadを持っているので、それでScratchを使って、プログラミングに挑戦しました。 表示されたおさかなさんを元気に動かすことが目標です。 最低限の操作方法を伝えた後は自由時間です。クレヨンの使い方と題材を教えたらあとは自由に書いてもらう、という感じに似ています。 そうして、時間がたってくると、とても個性的な作品が出来上がってきます。決してまとまっていなくていいのです。海の中を陸の動物が泳いでいても、人間が空を飛んでいてもいいのです。今回の目的は「プログラミング」なので、この仮想世界の中では、自分が命令すればなんでもありなのです。自分が神様の世界です。 最後に、自分の作品を前の画面に映します。僕は、映したい、と言った子

令和3年度後期、ロボットプログラミング入門講座始まりました

イメージ
 10月16日(土)郡上八幡青少年センターにて、令和3年度後期のロボットプログラミング入門講座が始まりました。 今回は3人の新入部員が加わりました。今回は普段より少なめの人数でしたが、5月は15人でしたので、年間で考えれば通常より多いぐらいです。 今回は第一回目ということでロボットの組み立てを行いました。 組み立てはそれほど難しくはありませんが、慣れないとやはり難しい部分もあります。 プラモデルと似た部分もあるので経験者有利かと思っていましたが、今日はプラモデルはやったことないなあ、と言っていたメンバが真っ先に組み立てを終わらせていました。この先が楽しみです。 入門講座の3人がロボットを組み立てている周りでは、経験者たちがロボットをプログラミングして動かしています。 ライントレースでタイムアタックをしたり ボールの追いかけ方を研究したり 2台のチームでの調整に余念がありません。 かっこいいウィングがついていました 洗練されたボディの形をしています。 来月の大会にも出る予定のロボットです 皆さん、思い思いのプログラミングをしたり、改造をしたり、頑張っています。 12月には大会が予定されています。そこに向けてロボット作りを楽しみましょう!!

ロボットプログラミング入門講座の募集を開始しました

イメージ
  まだ緊急事態宣言は明けておりませんが、10月中旬からの講座募集のチラシを郡上市の小学校4年生~中学2年生を対象に配布します。9月22日までには各ご家庭に届くかと思います。 岐阜県の感染者数も随分少なくなってきているものの、みなさまも未だ不安は抜けないと思いますが、講座は感染対策を行ったうえで実施をしていきます。 この活動は、一部の子どもたちのみが参加できるものではなく、郡上市の子どもたち、誰にでも選択のチャンスがある活動として行っていきたいという想いで2017年より続けています。送迎も必要なため難しい家庭もあるかと思いますが、「子どもたちのやりたい」を実現する機会です。こちらも毎回、子どもたちのキラキラした笑顔にやる気をいただいています。もし、やりたい!というお子様がおられましたら、ぜひご家庭でもご支援いただければと思います。 締め切りは10月1日(金)17時までです。 申し込み方法は説明とともにチラシ裏面に記載しております。チラシが手元にないなどご希望の方は以下のお問い合わせフォームよりご連絡いただけましたら、個別に申し込み方法をご案内いたします。(地域性のあるものですので、ホームページなどにはアドレスは記載しておりません) お問い合わせフォーム 新しい子どもたちに10月から会えることを楽しみにしています。

ロボカップジュニアサッカー 簡易ビッグフィールドの紹介

イメージ
郡上ロボットクラブでは、だいたい8月か9月にビッグフィールドを使った団体戦を行っています。公式フィールドの2vs2と違い、大人数の戦いとなります。1台1台の責任は軽くなり1台抜けてもあまり影響がないなど、気楽に参加できて選手のレベルに関わらずとても楽しいイベントとなってます。 このコートですが、タイルカーペットのコートが2セットと、4枚の余りカーペットあれば、簡単に組むことができます。 この方法をご紹介します。 組み方は下の動画の通りです。枠も1辺が外せるものならそのまま流用できますのでわざわざ作成する手間を省けます。 ゴールは中心と思える位置に適当に置いてます。もし初心者しかおらず得点がお互いにが決まりにくいときは2つのゴールを横に並べて幅を2倍にしてやると、得点率が上げられます。 ルールは、ボールがラインの外に出たら、中立点ではなく、出た位置の近くのラインより20cmぐらい内側に置いて再開しています。 イベントとして楽しいので他ノードの方々もぜひ試してみてください。 ライトウェイトの公式フィールド寸法(2021ルールより) ※上記のビッグフィールドはこれのだいたい2倍の大きさになります。 使用しているタイルカーペット PX-3000  https://www.monotaro.com/p/6942/7785/ 

令和3年度前期のロボットプログラミング講座が終了しました

イメージ
 現在は、岐阜県の緊急事態宣言がでていることもあり、活動を休止しています。 5月から8月の途中までは何とか開催できたのでラッキーでした。 今回は休止前の最終回の活動を紹介します。 8月21日に郡上八幡青少年センターで13時から16時にロボットクラブの活動を多ないました。 この日に予定されていたのは「練習試合」で、本来ならば、次の週に「ビッグフィールドを使った交流会」を予定してその準備としての活動とする予定でした。 しかし、コロナウィルス感染者数の急増により、次週は休止せざるを得ない状況となっていたため、予定を急遽変更して、8月21日に「ビッグフィールドを使って練習試合」を行いました。 感染予防を考慮して、向かい合わせにならず、密にならないように座ります。 用意したのは、通常の約2倍の広さがあるフィールドです。これならロボットが同時10台ぐらいでゲームができます。 3か月かけて組み立てとプログラミングをしてきたロボットに命令をパソコンで打ち込み、ボールを追いかけさせることでサッカーをさせます。でも、ロボットはそんなに簡単に思い通りには動いてくれません。ボールの周りを行ったり来たり、変な方向に行ってしまったり、ボールを見失ってうろうろしていたり。 そのため、最初は小さなフィールドでテストします。ロボットの動きを確認し、おかしい点を考え、プログラムを見直し、再度ロボットに覚えこませて、また動かす。この繰り返しをしてロボットの動きを少しずつ良くしていきます。みな、真剣です。 そして、チームを決め、試合の時間を決めました。 それまでは準備の時間。 そして、時間が来たらいよいよ本番の試合です。 でも、やっぱり試合になっても、くるくる回ったり、どっか行ってしまったり。ロボットはなかなか言うことを聞いてくれません。プログラムに正解はなく、どんなプログラムでも相手のゴールにシュートができれば成功です。でも、途中までうまく動いていたのに、一行変更してしまっただけで動かなくなることもある。どんだけ賢いロボットを作れるか、そのために決められた命令を組み合わせてどれだけ思い通りの動きをさせることができるか。頭を使った知力の戦いです。 そこにはゲームの楽しさもありながらも、世の中で使われている技術の仕組みをどれだけうまく使えるかということです。リアルな動く教材としてロボットを見た場合、教科書だ

500円以下で購入したモーターの性能テスト

イメージ
初心者が気軽に使えるモーターを探していると、某海外ショッピングサイト(alie●press)で、1個500円以下のギヤードモーターをいくつか見つけた。ビジネス用途ではないので、使えればOK。ただ値段からして相当怪しい。 せっかくなので購入してモーターの性能を調査した。こんなものがこの値段で試せるなんていい時代ですね。 狙いは、タミヤのプラスチック製ギヤボックスより耐久性があり、ダイセンのロボサイトモーターより安く入手できるものがないか、ということ。 ターゲットは2輪から3輪に上がるぐらいのTTモーターまたは、タミヤのギヤボックス使用中の初心者~中級者。 これを使えば勝てる、というものではないので、ひとつのデータとして活用ください。 1.比較対象 ①JGA25-370  トルク、耐久性がありそうだが重量はかさむ。6V 300rpmを選択。 ②JGA25-310  ①のモーターを短くしたバージョン。重量軽減とスペース節約に期待。トルク不足を懸念して回転数低めの6V180rpmを選択。 ③20GA180    ほぼ同じ外見でJGA20-180というものがあるが、これより少し値段が高い。  中身はほぼ同じであろうと推測して安いこちらを試す。6V用が見つからず、12V 300rpmを選択。 ④金属ギアTTモーター  ギアが金属ということで耐久性に期待。ギヤ比は90:1しか見たことがない。 2.実験方法   ニッケル水素4本、4.8Vの電源を接続し、無負荷時の回転数、ストール時のトルクと消費電量を調べる。   <実験器具>  無負荷回転数は回転数を目視でカウントする。  ばねばかりを持っていなかったので、通常のはかりを使って、針金で下に引っ張らせる器具を製作した。直径5cmのタイヤを想定し、半径2.5cmの位置からのトルクを測定する。 電源に電圧計、電流計を接続し、電流を調べた。 3.結果 JGA25-310と20GA180は電流が小さかったので、7.2Vを追加で測定。 比較対象にギヤ比30:1のダイセンロボサイトモーターも測定した。 上の表をグラフ化したもの。右上にあればあるほどトルクがあり高回転、つまり性能が良いということになる。 トルクと回転数だけを見るとダイセンロボサイトモーターがダントツに見えるが、下のグラフ通り、消費電流も倍以上高いので効率から考えるとおかしくはない

小学校のプログラミング授業をしています

イメージ
 市内の小学校から呼んでいただいて、プログラミングの授業をしに行っています。 一校は四年生以上にやってほしいとのことで、既に四年生、五年生をやって、今週六年生の予定です。 もう一校は、ロボットクラブのつながりで6年生の親子行事として来てほしいという嬉しい依頼があって、親子一緒にプログラミング体験の授業をしました。 プログラミングは最近小学校で新しく始まったものなので親も受けていないから、子供たちが何を教えてもらうのか中身は知らないわけです。一緒に受けられるってすごくいいですよね。 大人も知らないことなので、こちらとしては正しい知識をもってプログラムの入った機器を扱ってほしい。プログラミングをするといっても別に小難しいゲームを作るわけではないです。今や炊飯器だって、洗濯機だってプログラムで動いています。それを知るだけで扱いは変わるんじゃないかと思います。 授業の中では、実習も含みます。今年からタブレットが一人一台配られていますのでそれを使ってプログラミングします。といっても、暗号のような文字は打ちません。命令を組み合わせてブロックを組み立てるように、タッチ操作でプログラミングはできます。「Scratch」(すくらっち)といいますが、このソフトを使ってキャラクターに自由に命令を出して動かすことができます。これを通して、プログラムとは何なのか、どんな仕組みなのか、という基礎を学んでもらいます。 そして興味を持った子供たちには、インターネットを通じて数多くの同じ小学生がScratchを使ってプログラミングをして、ゲームを作って公開している、ということを知ってほしい。 そして、そのチャンスが自分にもあることを気づいてほしい。都会じゃないからチャンスがないなんてことはない。情報はインターネットから集められるし、本を買って読んでもいい。 結果的に簡単だったと思う子も多いし、難しかったという子もいるけど、ほとんどが面白くってもっとやりたいな、って言ってくれます。自分で何かを創造するってのは楽しいことです。一昔前に、パソコン上で動くアニメやゲームを小学生が作れるようになるなんて信じられなかった。今はそれができてしまうんです。 他の小学校からも依頼されたら喜んで行きたいと思います。PTAからの依頼も大歓迎ですので、お待ちしています。学校の先生も頑張っていますが、新しい端末にやっぱり戸惑